バイアグラについて

バイアグラとは、科学的に男性の勃起を妨げる酵素の働きを弱めることにより、男性機能を高めることができるファイザー製薬が開発したED治療薬です。
バイアグラは、世界的に普及しており、日本でも1999年に厚生労働省により認可されています。

バイアグラ(50mg)1錠 1,500円(税別) ※別途診察料がかかります。

バイアグラの使用法

バイアグラを一日に服用できる回数は一回です。性行為のおよそ30分前に服用すると陰茎が勃起し、2~3時間程性行為が行える状態になります。ただし、食後に服用すると効果が出ないこともありますので、食後に使用する場合は1時間以上あけてからお使いください。


バイアグラの副作用について

バイアグラは、誤って服用すると狭心症を発症してしまい、最悪の場合、死に至る可能性もあります。
このような事態にならないために、事前に副作用について知っておく必要があります。


  • 不整脈や低血圧または高血圧症をお持ちの方
  • 硝酸剤/一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の方
  • 心筋梗塞や心不全、脳梗塞などになったことがある方
  • 心臓病の治療に必要な薬やニトログリセリン系の薬を服用している方
  • 肝臓の障害や末期の腎不全患者、不安定な狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方
  • 網膜色素変性症を患っている方

ピルについて

ピルとは、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンを含んだ錠剤のこといいます。この女性ホルモンが作用すると排卵が抑えられ、それにより避妊の効果を発揮することができます。
ただし、避妊の効果は必ずしも100%とはいえません。しかし、正しい服用方法をきちんと守れば避妊の効果は非常に高い薬です。

ピル(1ヵ月分) 3,000円(税別) ※別途診察料がかかります。

その他の効果
月経不順改善

月経不順の女性は多数いらっしゃいますが、ピルに含まれるエストロゲンと黄体ホルモンの働きによって、生理の周期を正確にすることができます。きちんとカレンダー通りに服用することで、月経周期がしっかりと定まり、自分でちゃんと把握することができます。

月経痛の軽減

月経痛や月経前症候群の症状を和らげることができます。排卵を起こらなくするので、子宮内膜の収縮による出血時の痛みを軽減できるだけでなく、ホルモンバランスが正常に保たれるため精神的な安定も。

にきびや貧血への効果

ホルモンのバランスを正常に戻すことができるため、生理前にニキビができやすい肌質や貧血になる体質などの改善に効果が期待できます。また、第三世代の低用量ピルには美肌効果があるとも言われています。

注意点

服用の開始初期には軽度の吐き気、頭痛、乳房の張り、周期の途中で軽度の月経様び出血をみることがありますが、通常は服用中に消失します。
長期間続く場合やご心配の場合は、ご相談ください。


日焼け防止クリーム

当院がお勧めするノンケミカルの日焼け止めクリームです。
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を効果的に用いることにより、高い紫外線防御効果を実現します。また塗った後白く目立ちません。

日焼けをしやすい額や鼻筋、頬骨などには丁寧に塗ってください。また首や首筋、耳の後ろや肩、手足の甲などにも忘れずに塗りましょう。お肌がデリケートな方にお使いいただくことが多い本クリームは、ウォータープルーフタイプではありません。プールに入ったり、タオル・ハンカチで拭いたあとは、塗り直しをお勧めします。

日焼け止めクリーム(40ml) 2,200円(税別)

 

アクセス

大きな地図で表示あさわクリニック初台tel:03-3377-3370

住所
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-4-3
エバーグレイス本町1階

最寄駅
京王新線初台駅

診療時間
9:30~13:00/15:00~18:30
休診日:木曜/土曜午後/日・祝日

駐車場 

詳しくはこちら